ステンドグラス 仕立て直し

 

 10年ほど前、新築時にステンドグラスを制作させていただいたお客様から

「今度引越しするのでステンドグラスを持っていきたい、移設は可能でしょうか?」というお問い合わせを頂きました。

 

下の写真が移設前の当工房が制作したステンドグラスです。(寸法 各w40㎝×h90㎝

 

 

                                    ステンドグラス 

 

 

 

 

新たに設置希望の場所は玄関横の90㎝×200㎝というFIX窓。
2枚のステンドグラスの配置、施工方法などをご心配されていました。

 

私は下記のような理由から一枚に仕立て直す事を提案させていただきました。

 ・せっかく大きな窓になるのだから開放的な雰囲気を壊すのはもったいない
 ・とりあえず設置した。という印象にはしたくない

 
 

施主様は「二枚のステンドグラスを一枚に仕立て直す」という事に驚いておられましたが

予想デザインをご覧になったうえで喜んでご依頼くださいました。

本物のステンドグラスは、強度をちゃんと計算すればかなり自由に手直しが可能です。

 

 


寸法加工

1. ステンドグラス引き上げ

 

工房で撮影

2. 完成予想

 

二枚をジョイントしてこの写真の様に
一枚にしてゆきます。

 

今はまだ並べてあるだけです。


3. 鉛の切断

 

ジョイントする部分の鉛を切り

分解してゆきます

4. 採寸

 

寸法はとても重要です

今回の出来上がり寸法は

幅394mm×1807mm

 

加工するのは縦方向なので

1807が大切な基準になるので

何回も確認しながら作業をします


5. ガラスを切ります

適当に見えますがかなりシビアなんですよ

 

割らないように注意して

6. 新しいピースのカット

 

既存のパネルに使っていたのは

今はもう手に入らないガラスです

 

その時代のガラスから切り出し

出来るだけ同じ表情に仕上げます


7. 色の確認

 

6.でカットするガラスは丸印の上に来るのです

8. 細部の検討

 

今回は机上の計算より、組み上げながら細部を決めてゆく方が綺麗に上がると考えたので図面は一切有りません。

 

 

こうしてばらしてみると12年前の自分もちゃんとした仕事をしていたので嬉しくなりました。


9. ピースを外す

 

デザイン的に不要となるこのガラスは外します。

そして不自然なデザインにならない様に新規のガラスを切り出します

10. 新しいピースのカット

 

新しいガラスから9.に変わるピースをカットします。


11. 

 

形通りカット出来ました

 

 



鉛線の交換

12. 鉛の修復

 

傷付いた鉛も修復します

13. 鉛のカット

 

傷ついた鉛をのこぎりで切って

取り除きます


14. ガラスを傷つけず鉛線が綺麗に外れました

これは裏からの作業なので鉛線の傷は見えません

15. 新しい鉛線

 

新しい鉛線を切り出します

 


16. 染めの準備

 

細かい所の修復、手直しが終ったら組み上げて酸で染めます。

後はパテ、クリーニングを徹底的に行ない出来上がりとなります。

17. 寸法チェック

 

(加工した縦の)予定仕上がり寸法は1807mm

 

バッチリです!



設置作業

16. ステンド部分を設置するご新居の窓です

 

この日は雨まじりの天気のため

かなり曇っています

17. 受け金具の設置

 

窓枠の上下にL時金具を固定

なるべくその金具が目立たない

ように設置します。

 

これは天井部分



18. 設置終了

 

 

 

枠に入れたステンドグラスを上下の金具に

固定して終了、昼から始めた作業も既に夕方です。

 

 

 

(建物も枠も正確無比に出来ている訳ではないので)

金具の位置決めとつじつま合わせ、がやはり思惑どおりとは行かず

シビアな作業で3時間ほど掛かってしまいました。

 

 

掃除が出来るように裏に手の入るスペースを確保してあります。

また、脱着も5分ほどで出来ます。(プロの場合)

 

一番上の2枚の写真と比べてみると、存在感がかなり違うと思うのですがいかがでしょう?

ガラスも新品同様の美しさです。

 

デザインの連続性も違和感無くまとめることが出来たので施主様も喜んで下さいました、今後も末永く可愛がってあげて下さい。

 

ありがとうございました。