2003年 銀座「ぎゃらりぃ朋」

 

Fish

 

魚は「多くの魚に共通する形」というのが有るのでありがたい。

特に何の魚としなくても自由な発想で独自の魚を考えられるのがワクワクする。

 

日本人は食材として魚と関わる事が多いので「さんま」「イワシ」など分類名詞をつけると

とたんに「美味しそう」という不純な感情が入りこんでしまうので困る事も多いのだ。

 

これが動物となるとなかなかそうはいかない。 

ほ乳類、というくくりで動物のような物を作ろうとするとこの世に居ない【奇妙な生き物】になってしまう。

 

しかし、魚は何であんなに速く泳げるのだろう?

人間が身をよじるだけであれほど速く泳げたらどれほど海水浴が楽しいことだろう。